スマホサイト
PCサイトはコチラ
白無垢


白無垢
神聖で心引き締まる”白”は、
花嫁の純真さの象徴

神前式で最も多い衣裳は白無垢です。「挙式は白」というイメージは強いようで、お色直しの習慣がある日本ではなおさら挙式は白い衣裳で行いたいという新郎新婦様が多いようです。
白一色の装いに身を包んだ清らかな姿は、もっとも印象深い日本の花嫁姿であり、打掛から掛下 (打掛の下に着るもの)、帯、小物まですべてを白で統一する衣裳が白無垢といわれるものです。
神の前で無垢な心で祈る花嫁には、白い衣裳がふさわしいという意味から、室町時代から始まったといわれる、もっとも古い婚礼衣裳です。挙式時には、角を隠して従順を示す角隠しか綿帽子を合わせます。



緞子地
正絹緞子地の白無垢
しなやかで上品な光沢感のある緞子地の打掛は、昔からの花嫁らしい情感があります。
つるりとした感触でしっとりとした雰囲気は、打掛の流れがすっきりとしているので楚々とした花嫁姿になります。
正絹の緞子地の白無垢は天然素材のものなので真っ白ではなく、クリーム色がかったものが多く、品のある光沢感としなやかさ感じられます。

白無垢
白無垢
白無垢
白無垢
●緞子地 亀甲地紋様白無垢
白無垢
●緞子地 四季草花紋白無垢


唐織地
唐織の白無垢
白糸豊かに織り上げた唐織の打掛は、織地がしっかりしているため、お召しになると、着姿に量感が出て立派な花嫁姿になりますので小柄な花嫁様におすすめです。

唐織白無垢
●唐織白無垢七宝紋様白無垢


佐賀錦織地
佐賀錦織の白無垢
佐賀錦は本来、金や銀、漆などを貼った特製の和紙を細かく裁断したものを経糸とし、絹糸を緯糸として織り上げますが、白地の箔糸に白絹糸で鶴を織り上げた佐賀錦の白無垢です。織地がしっかりしているため、お召しになると、着姿に量感が出ます。緞子地とは違った華やかさのある光沢感があり、豪華な雰囲気な花嫁姿になります。



緞子地刺繍
緞子地刺繍の白無垢
柔らかな手ざわりの緞子地に、点描のように白糸の集合で模様を描いていく刺繍の技法で柄を描き出した打掛です。

綴地 束ね熨斗柄 白無垢
●綴地 束ね熨斗柄 白無垢
白無垢
結婚式ではお馴染みの色である白は、純真さや清浄の象徴。
白という色は、日本において神事の色、神聖な色。だから白無垢にも、嫁ぐ家の家風に染まる、「一度嫁入りしたら、二度と生家には生きて帰らぬ」といった封建時代の考え方が表れている、結婚に対する決意が込められた装いです。
新木屋では緞子、唐織、綸子など良質な高級白無垢を取り揃えております。
★白無垢の選び方についての参考はこちらから。
白無垢
色打掛
引き振袖
色打掛
龍村打掛 川島打掛
花嫁様
サンプル
サンプル
サンプル
御来店予約

新木屋の花嫁衣装レンタル・結婚衣装レンタルは東京,横浜,秋田,新潟,長野,静岡,愛知,名古屋,岐阜,三重,滋賀,京都,大阪,神戸,島根,広島,福岡など各地のお客様に御利用して頂いております。
どうぞお気軽にご来店の上、衣裳をお確かめ下さいませ。

ご来店が叶わないご遠方にお住まいのお客様方には、メール(お問合せフォーム)/お電話を通じても、ご紹介、ご提案をさせて頂いております。お気軽にお問い合わせ下さいませ。

本物にこだわった高級,上質な和装レンタル,
 白無垢レンタル , 色打掛レンタル , 引き振袖レンタル  , 結婚式貸衣裳
婚礼和装専門貸衣裳 新木屋