引き振袖
本振袖・引き振袖
引き振袖
伝統に裏打ちされた
凛とした美しさ。
気品あふれる“振袖”の魅力
挙式にも披露宴にも通用する婚礼衣裳
「本振袖」。
裾を引きずって着ることもあるので
「お引きずり」「引き振袖」とも呼ばれています。
江戸後期から昭和初期までは一般的な花嫁衣裳として広く着られていました。
日本人ならではの古式ゆかしい文金高島田と組み合わせて格のある厳かな雰囲気にしたり、最近ではエレガントな洋髪で華やかさをプラスした雰囲気も人気です。

新木屋の本振袖・引き振袖は、ブライダル業界ではめずらしい逸品物を取り扱っております。
弊店での本振袖(引き振袖)の品揃えは下絵から友禅、仕立てまでをそれぞれの工房、職人によっての手作業で創り上げた着物が中心になっておりますので、すべて逸品物になっております。
是非、他にはない柄行、しっとりとした生地の質感、着心地の良い仕立てなど、ブライダル業界ではなかなか取り扱われない本物の花嫁衣裳をお確かめ下さい。
引き振袖
引き振袖
引き振袖
引き振袖


引き振袖は打掛と違い、箱せこや懐剣、帯がなどの小物がよく目立つので、帯の結び方や、着物と帯のコーディネートでずいぶんと印象が変わります。基本的には染の着物に織の丸帯を合わせることが鉄則になります。
着物と丸帯、さらに帯揚げ、帯締めといった小物類までコーディネートを楽しむことができるのは引き振袖ならではです。
お着物が決まりましたら、どの様な花嫁様になりたいのか、好みをお伺いしながら、ご希望の雰囲気にコーディネートさせて頂きます。

引き振袖
引き振袖
引き振袖
引き振袖
花嫁の帯
きものの帯は、素材や柄づけ、形などによって格付けされていて、組合せも、ある程度決められているものです。礼装の場合は、染めの着物に織の帯を合わせるのが基本になります。 錦織や唐織といった伝統ある技法によって織られた帯が、特に格が高いとされています。 通常、振袖に合わせるのは袋帯ですが、花嫁衣装の場合には帯の中でもいちばん格のある丸帯を締めます。 丸帯は両面に柄があるだけではなく、金箔を使うなど華やかな色みや柄行のものが多く、着物姿に格調を加える存在になります。


引き振袖の帯と帯結び
引き振袖は帯の結び方で、きもの姿全体の印象が変わります。とくに後ろ姿を決めるポイントは帯のフォルムです。
ポピュラーなふくら雀、一文字、立て矢などがあり、江戸時代にさかのぼれば高雄、引き上げ、路孝、おいそなど、昔から美しい後ろ姿をつくり出すための帯結びが考えられています。
引き振袖の美しさは、体の動きに合わせて美しい袂や裾がひらひらと舞うところにあります。
その美しさをそこねないよう、きっちりと胸高に結びます。結ぶ位置は高いほうが、きものの動きが華麗になります。 後ろ姿の帯の位置は、肩甲骨の中間に吸いつくように結ぶとよいです。低いところで結ぶと、らくだのコブのように見え、あまり美しいボリュームのバランスではないです。 帯枕は、背中心の帯幅の上くらいにのせ、胴に巻いた台にして落ちないようにします。この帯枕の位置がしっかりしていれば、帯がくずれることはありません。後ろ姿の帯の位置は、肩甲骨の中間に吸いつくように結ぶとよいです。

花嫁衣装
白無垢
結婚式で馴染みの色である白は、純心さや清浄の象徴です。
新木屋では、緞子、唐織、綸子など確かな品質の白無垢を取り揃えております。
詳しくはこちら
白無垢
織、染、柄を厳選し取り揃えた色打掛。
一度、羽織っていただければ、生地の違い、仕立ての違いを感じて頂けるかと思います。
詳しくはこちら
引き振袖
挙式にも披露宴にも通用する婚礼衣裳です。
個性的な柄、しっとりとした生地の質感、弊店の振袖は下絵、友禅、仕立てまでを職人が手掛けた逸品物になります。
詳しくはこちら
婚礼和装専門の新木屋では、
美しさはもちろん気品と格調にあふれる着物を
製造から手がけ、長年にわたりご奉仕しております。
弊店の品揃えは、一般的なブライダル系衣裳店や結婚式場衣裳室のような汎用な品揃えとは異なります。
柄行き、色、質にこだわり少々個性的な品揃えをしておりますので、
どなたさまからも好まれるような「打掛」や「本振袖」ではないかもしれませんが、弊店では
“華美すぎず品格のある花嫁様” “小粋で洗練された花嫁様”
を追求し、製造した着物を取り揃えております。
「一生一度のかけがえのない装いだから、本物を着る慶びを」
との思いで、丹誠こめた確かな品質の着物たちを提供させていただきます。
いちど羽織っていただければ、生地の違い、仕立ての違いを実感していただけるかと思います。


TOPにもどる